ChromeでHTMLファイルのエンコーディング設定ができない。

藤井無限です。
今週も今日で最後です。

Googleネタが続いてしまいます。
Chromeヘッドレス化
Chromeの最新版で自動テストが動作しない

Google ChromeでHTMLのエンコーディングを判断する機能が賢くなり、
あるバージョンから完全にエンコーディングを指定して表示することができなくなってしまいました。

私もあれ。。と思ったのですが、ネット上でも多くの人が指定しており硬い情報です。

バージョンは下記。

 

ない。

 

ない。

 

まあ、自動でエンコーディングを判断してくれるのはとても良いことなのですが、

自動テストでテスト結果のエビデンスをHTMLで保存して、
HTMLを見て自動テストのスクリプトを書き換えるような場合には、とても困ることがあります。
そのような場合は、UTF-8をデフォルトでファイルを表示するようですが、
システムによっては、いまどき珍しきUTF-8で制作されていないこともあり。
ファイルが文字化けして表示されてしまいます。

 

同じような悩みを持った人がいたようで、このような場合に右クリックからChromeのファイルエンコーディング設定デキるようにしてくれる。
神プラグインがあります。

これです。「テキストエンコーディング」

こちらをインストールしてみてください。
さあChrome似追加をワンクリック。

これでエンコーディングを指定して、キレイにHTMLでのエビデンスが読めるようになるはずです。

================================================================================================================
にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ベンチャーブログ ベンチャー社長へ
にほんブログ村

Related posts