チャットサービス

藤井無限です。

先日の記事でアマゾンカスタマサポートの神対応について記載しました。
その中でも述べたとおりカスタマーサポートツールとしてチャットサービスの重要性がましています。
会計ソフトFreeeを使っていますが、Freeeのチャットサービスもどういう従業員教育を行ったら、
こんな素晴らしいカスタマーサポートサービスがデキるのだろうと思うレベルです。

日常業務でもチャットメッセンジャーの重要性がましています。
私も通常は大企業ないに常駐して作業していますが、チャット・メッセンジャーを使って業務を行っています。
また個人的な連絡もほとんどがチャットメッセンジャーです。

逆に、電子メールは読むのが大変になってしまいました。
スパムやシステムからのアラート、セールスメール、メーリングリストなど一日に100件くらいは
法人メール、個人メール宛に来ていると思います。
タイトルだけを読んでこれは読まないといけないものか、スルーしてよいのかを判断する、
フィルタリング能力が自分の脳みそに備わってしまいました。
フィルタリング機能が各メーラーにあるのですが、
メーラーに条件を登録するより前に自分の脳みそに学習したルールがインストールされた感じです。

先日お邪魔した六本木ヒルズの外資系IT企業さまも、
チャットでyt (You thre?)という感じで問題解決が始まるといっていました。

そして高もおっしゃっていました。
対面でコミュニケーションを取らなくて良いとも思っていない。
とてもチームと言うものを大事にしている、と
コミュニケーションのとり方にも4段階あるともおっしゃっていました。

1.チャット
2.ビデオチャット
3.電子メール
4.対面会議

そして嫌がらずにシンガポールでもどこでも自由に出張にいって対面会議をするとも
おっしゃっていました。

電子コミュニケーションで片付けるものはとっとと片付けてしまうし、
必要なときに対面会議することは嫌がらない。むしろ推奨する。
そういうカルチャーが絶対にチームと個人を強くするためには必要なのだと強く思いました。

チャットツールにも問題がありちょっと疲れてしまうところもあります。それは次の回にでも記載しましょう。
WordPressにもチャットサービスを連携してお客様とやり取りできれば良いなと思います。それも次の回に記載しましょう。

Related posts