コワーキングスペースで働くということ

藤井無限です。

土曜日、日曜日といつも平日行っている大企業様向けの
業務を少し離れて都内日本橋のコワーキングスペースと
私の在住しているところの近くのカフェで仕事をしています。

プログラムやアプリケーションを制作するような業務と離れて、
下記のようなことを繰り返しやっていますので
一般的に行っている仕事のイメージとはかけ離れているかもしれません。

・ブログを書く
・原稿を書く
・本をよむ
・フェイスブックにコメントする
・フェイスブックに投稿する
・次の講義のネタを収集する

これらの仕事はを
iPhone7と2インワンのPC、Kindleを武器に後はクラウドツールを駆使して行っております。

iPhone7にBluetoothのオープンイヤー型イヤホンをつけて、
Spootifyで気に入った楽曲を聴きながら業務を行っております。

iPhoney7 + Bluetooth オープンイアー型イアフォンの組み合わせは、
コードがダラっとなったら絡まったりせずに、
適度に外の音のが聴こえ、
適度に集中できすごく気に入りました。

いわゆる典型的なノマドワーカーというふうに周りからは見られているのでしょうか、

悪いところは休日なのにいまいち気が休まらず、
歩きながら仕事をしている感覚があることです。
やはり固定のオフィスを使って一箇所で仕事をするほうが、落ち着いている感じはあります。

固定のオフィスで仕事をするのは、
多くの人を使ってガントチャートで管理しなければ行けないような大きな仕事をするのにおすすめです。
ノマド的に働くのは、小さな仕事をかんばんで管理して、
できるだけ一発のかんばんを早くdoneまで持っていくという仕事のやり方をやるときにおすすめです。

働き方改革のさなかですが、誰にでもその人とその人の業務内容に適した働き方と働く場所があるなと考えています。

Related posts